顧問社労士の仕事ー労務相談

顧問社労士の仕事―労務相談

日々の従業員とのトラブルや自社で対応している申請に対するアドバイスや助成金に関するアドバイス等を受けることができます。


顧問契約をすることのメリット

トラブルが生じないように事前の相談ができる

トラブルが社内で起こらないのが一番だと思いませんか?

起こった後では時すでに遅し、になってしまうかもしれませんので、そういったことを法律と照らし合わせて未然に防げるメリットがあります。

労働基準監督署に問い合わせることもできるかもしれませんが、それによって目をつけられたりしないか、調査に来られる可能性が上がってしまうのではないか?といった様々な不安に悩まされることがなくなります。

場合によっては、会社と従業員との話し合いに参加したりしますので、困ったことがあれば相談に乗ってもらう窓口ができ、会社として安心感が増します。

そもそも、誰がどの保険の対象になるかがわからないといった根本的な悩みも相談できる

労災保険、雇用保険、健康保険、厚生年金保険といった様々な保険がある中、それぞれ加入すべき人がかなり異なります。多種多様な従業員、アルバイトがいるような会社であれば誰がどの保険にはいるべきかわからないこともあると思います。

そういった根本的な疑問も相談していただけます。

助成金に対するアドバイスをもらうことができる

自社で申請するから、アドバイスだけほしいといった場合にはこちらをご利用いただけます。

また、必要に応じて助成金に対する情報もお伝えしていきます。

従業員がケガした際等に必要な書類は何かアドバイスを受けることができる

お電話一本で、何の書類が必要か確認することが出来たりするので、従業員が官公庁のどこに書類を出せばいいのか、どこに相談に行けばいいのかといったロスをすることがなくなります。

 

お問い合わせフォーム

 

ページの上部へ戻る

keyboard_arrow_up

05088809888 問い合わせバナー